未分類
スポーツ庁「アスリートキャリアコーディネーター育成プログラム」当社代表金澤美冬の担当「対話」セッションが無事終了しました。

令和 2 年度スポーツ庁委託事業「スポーツキャリアコーディネーターの育成」アスリートキャリアコーディネーター育成プログラム【ベーシック】第1期(主催:スポーツキャリアサポートコンソーシアム)、DAY2「診断と対話」が無事終了しました!当社代表金澤美冬は「対話」セッションを担当、傾聴やアサーティブについて伝え『実践的でためになった』『セカンドキャリアで日々奮闘している中、とても参考になった』というお声をいただきました。

この「アスリートキャリアコーディネーター(ACC)育成プログラム」は、アスリートを支援するキャリア形成専門家を育成することで、アスリートのデュアルキャリアやセカンドキャリアを支援していくものです。最新のキャリア理論であるプロティアンキャリア理論を軸に、理論→診断→対話→戦略、の体系的なプログラムになっています。

「理論」をプログラム開発責任者の法政大学 田中研之輔教授が、「診断」をブライトン・コンサルティング代表 前川明海氏が、「戦略」を4DESIGNS代表有山徹氏が担当しています。次回、有山氏による「戦略」も乞うご期待です。

アスリートキャリアコーディネーターACC2020DAY2~診断・対話編~が終了しました。「想行一致」 自分の想いや考えが行動を通して相手に伝わること「アサーティブ」自分も相手も尊重しながら主張するマインド最終日の~戦略編~に続きます!#アスリートキャリア#プロティアン★本プログラムは、令和2年度スポーツ庁委託「アスリートキャリアコーディネーターの育成」事業として実施されています。

スポーツキャリアサポートコンソーシアムさんの投稿 2020年10月10日土曜日